スポーツ

2012/03/11

京都マラソン完走!

……しました!

グロスタイムで4時間28分台。初マラソン、完走できたとしても5時間半は掛かるだろうなと覚悟していたら、4時間半だったので大満足です。

前半、なかなか団子状態が解けず、ペースを上げられなかったけれども、結果的にはこれがよかった。後半でタイムが落ちなかったし、ラストスパートでもしようかと思えるほど余力を残していた。

20歳代前半で、30kmを走りきれなかったのに、40歳代半ばでフルマラソンを走れるようになるなんて、なんかいいな(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/10

京都マラソン前日

いよいよ明日かぁ。

ゼッケンをシャツに貼ってこれで準備完了。後はもう寝るだけ。

目標は制限時間の6時間以内に「完走!」すること。

今、ふくらはぎに難があるので、それがピキッと来たらそこで中断。あまり無理をせず、この場合は素直に棄権します。

では明日は楽しんできまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/26

京都マラソンまで2週間

再来週の日曜日はもう、京都マラソンなんだなぁ。

と、東京マラソンの中継を見て思い出した(笑)。風邪のために結局3週間、練習ができなかった。ようやく再開したところ。

懸念が更に2つ。ひとつは走ると右の膝の下側が痛くなること。大腿部の筋肉不足と運動前のストレッチが足りていないかららしい。

もうひとつは、ふくらはぎの下なのかアキレス腱の上なのかが、走っている途中でピキッと痛くなり、リタイアする練習が何回か続いたこと。直前まで気配もないのに突然痛くなる感じ。色々試してみて、ゆっくり走る分においては、痛まないことが分かった。

それよりも何よりも、4月から転勤という意識が常にどこかにあり、走ることに思いが向きにくいという状況がきっとあるに違いない。先週金曜日は休みを取って、健康診断と予防接種、国際運転免許取得をしてきた。あさってからは、1週間ヨーロッパに出張。

その意味では、風邪でのブランクはある程度いい休養になったのかもしれない。無理の無いように、うまく体調と日程をやりくりしていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/10

風邪引いてました

2週間出張していて、途中からひどい風邪を引いてしまった。

流行しているインフルエンザではないみたい。熱がそんなにあるわけではなく、お腹が痛いわけでもない。そんなに咳が出るわけでもない。ただひたすら寒気がして、喉が痛かった。パソコンの画面を眺めていると、眉間の辺りがモヤモヤとしてきて、すぐに見ていられなくなる。

出張先のオランダはたしかに寒かった。昼間-6℃、夜中-13℃なんて日が続いた。でも寒いと寒気がするはまた違う。荷物をコロコロ引いている手が、ガタガタと、鳥が羽ばたくように大きくシェイクする姿は、きっと奇異に映っていただろう。

仕事場にいる以外はほとんどベッドの上だった。時差があったものの、16時間なんて眠れるものなんだなぁ。

持っていた非常用の風邪薬は底をつき、同僚のイスラエル人から分けてもらった。派手な緑色の錠剤でむしろ身体に悪そうだ(笑)。これは昼用で、眠気の多い夜用はオレンジ色だった。なるほど、分かりやすい。錠剤の裏には薬の種類がヘブライ語で書いてある。信じるしかないな(笑)。

もう1人のイスラエル人に「今体調悪くて薬飲んでるんだよねぇ」と言ってその薬を見せると、「風邪引いているの?」と聞いてきたので、きっと風邪薬に違いない(笑)。いえ、決して疑っていたわけではありません(笑)。

そのおかげで、なんとか持ちこたえることができた。

この2週間、全く走ることができなかったな。今が一番走り込んでいないといけない時期なのに。走ろうと思って持ってきていたスパッツや上着は、ズボンやシャツの下に着込んで防寒着として機能したので、持ってきていて無駄にはならなかった。

本番の京都マラソンまで、あとひと月。本当に走れるようになるのか全く自信がなくなってきたな。くれぐれも無理のないように、身体と相談しながらやっていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/22

皇居ラン

久しぶりに東京に出張だった。

頭に浮かんだのは、東京出張=皇居の周りを走れるな、だった(笑)。これでは、地方出張というと必ず釣り場を想像してしまう釣りバカの浜チャンではないか。しかも単に、東京のランナーのメッカである皇居周辺を一度走ってみたいな、というミーハーな発想だ。

それでも仕事が終わると、飲み会の誘いもそこそこに、地下鉄に乗って麹町へ。ここにランステという更衣室・ロッカー・シャワーを有料で使える施設がある。ビジターは1回700円。

たまたまこの施設を選んだけど、皇居周辺にはたくさんのシャワー施設があるみたい。例えば以下などで一覧を見られる。

【皇居ランナーズ+】ランニングステーション

同じサイトでコースも紹介してあり、写真付きで非常に分かりやすかった。
【皇居ランナーズ+】コース

たくさんの色々なタイプの人が走っていて、心強かったな。仕事終わりに走ることが全然特別なことではない感じ。早く走る人も時々いるけど、ゆっくり走っている人も多く、自分のペースで走って全く問題ない。

ロッカーで着替えていると、いかにも仕事一筋で、スポーツにはあまり興味なさそうなサラリーマン風のオジサンが、淡々と着替えてサッと走りに出て行く。これだよー。走ることは特別な人たちのものではなくて、また走る方も、「走ってるぞ、どうだ!」ではなくて、「走りたいので走っています」的なかっこよさがある。

いつも走っている近所の池の周りは、週末、高校の陸上部風の子たちが自主練で走ることはあるけど、基本的には独りで走っている。ときどき年配の方たちがウォーキングしている程度。

いつもと気分が変わって、皇居ランでは力をもらったな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/01/07

自転車で京都マラソンコースを下見

本年もよろしくお願いいたします。

お正月休みに、京都マラソンのコースを自転車で下見してきました。

自転車でサッと軽く見てみよう、なーんて思って出発したのに、自転車でも結構しんどかった。おまけに途中で雪まで降り出した。平安神宮にゴールした後、降りしきる雪に打たれながら帰る15kmの道のりが厳しすぎて、コースの記憶が遠い日の出来事のように薄れてしまったという、いったい何のための下見だったのか……(笑)。

コースの模様は以下で見ることできる。
NIPPONを走ろう

同じように自転車で試走した方もいる。
京都マラソン・コース自転車で試走 - Togetter

京都マラソンのコースの特徴は、アップダウンが激しいこと。ほとんど平坦な大阪マラソンや神戸マラソンがうらやましい。

走ってみて、特に上りのきつい所は以下だった。
10キロ地点前後:広沢池から立命館大学前までの4キロ程度(起伏の激しい山道)
23キロ地点前:宝ヶ池通りの高架からトンネルまでの1キロ弱(短い距離の間に60mくらい駆け上がる)
38キロ地点前:今出川通りを百万遍から白川通りに向かう約1キロ(だらだらした坂道だが、残りもうちょっとと油断すると苦労する。)

最後の上り坂を過ぎると、ゴールまでの残り3キロ半はずっと下りなので、気力でなんとか行けるのではないかな。

高低差の詳細は以下で確認できる。
京都マラソン2012コース/高低差図

車は通れるけど、自転車や人間が試走できないコースが2カ所ある。気をつけよう。
1. 7キロ地点にある清滝道の高架車道約1キロ(高架の始まる清滝道三条交差点の30mくらい手前に、車の入れない小川沿いの小道がある。高架と平行しているのでここを通ろう。)

2. 上に書いた宝ヶ池通りの高架車道(歩行者・自転車用の測道(旧道)がある。そこを通ろう。)

あわよくば、それなりのタイムも狙ってみたい、なんてほのかに夢想していたけど、無理無理。初心者の初マラソンに「あわよくば」は無いのです。改めて「完走」が目標と再認識できたことが収穫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/31

途切れたことが多かった1年

今年も大晦日。無事に迎えられたことに感謝しながら。また、皆様にもお世話になりました。

今年は、自分の中で、しばらく続けていたことが途切れたことが多かった1年だったかな。もちろん震災に遭われた方とは比べ物にならないけれど、そんな方でも既に前を向いて進み出している。

ボクも自分の小ネタ達を次のいい変化への兆しと考えられたらいいな。

1. 春に野球の試合中に右手小指を骨折してしまったこと。以降の野球やソフトボールのシーズンを棒に振ってしまった。今もまだグーにはできないけど、幸いなことに日常生活にはさして影響がない。

2. 指の怪我の影響で、10年以上続けていた自転車通勤を電車通勤に切り替えたこと。聞くところによると最近自転車通勤が人気らしい。相変わらず流行に乗れない人間だ。その分、読書の時間が増えた。毎年、年間50冊くらいまとまった内容の本を読みたいと目標にしているけれど、今年は70冊を超えた。

3. 毎年、球場に野球を観戦しに行っていたのに、今年はどこにも行けなかったこと。特に2005年から2010年までの6年間は、アメリカ、カナダの各地の球場で観戦していたのが、今年はその機会に恵まれなかった。それなら国内の球場に行けばよかったのだろうけど、自分の怪我で、多少野球への興味が薄れていたんだろうね。

3. 野球つながりで、応援しているイチローの、200本安打の連続記録が途切れたこと。興味が薄れて、と言っても、イチローの試合だけは、都合が合う限り試合中継を観戦した。当てるだけの打撃が多く、見ててフラストレーションが溜まったな。

またシーズン前は、他人との連続記録の数字競争が終わったので、今季はこのメンバーともっと一体感を持って臨みたいと、これまでになくフォア・ザ・チームの姿勢を打ち出していた。それが打撃不調により、後半戦は例年よりさらに自分の殻に籠ってしまった。どんな感じでやっていくのか期待していたので、これもやや残念。

でもまだ11年連続184安打以上は継続してるぞ(笑)。

4. ソフトバンクホークスが、プレーオフの連敗記録を断ち切り、シリーズ進出、そして日本一!やれば出来る子なんやから(笑)。

5. 全くノーマークだったところに、京都サンガの天皇杯決勝進出。優勝した2002年(2003年元日決勝)以来。明日はテレビ見るよ〜。

今季はJ2に降格し、そこでも7位と奮っていなかった。それまでは元代表選手を連れてきてチームの意識を高めるなどと言っていたのに、J2に落ちるやいなや今度は高校生がプレイしている。何かちぐはぐな感じがするし、育つにはもう少し掛かるんだろうなぁと、あまり応援していなかった。

前回の優勝時は、天皇杯でレギュラーシーズンの準備が遅れたのか、選手の慢心があったのか、2003年は最下位で、あっさりJ2に降格してしまった。今回はそんな心配は要らない。だって既にJ2だから。明日の試合は、勝っても負けてもチームにプラスに働くことばかりだ。頼むよー。

---
書いてみたら結局、スポーツばかりの感想だった(笑)。

野球ができないから、マラソンを走ってみようかなという考えが浮かんで今走っているように、これまでやってきたことが土台になって、来年も何か新しいことに挑戦できるといいな。

よいお年をお迎えください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/25

走っています

京都マラソンへ向けて、今のところ、順調にランは継続できている。

同じ距離を走っても、少しずつ速く走れるようになったり、後半失速していたのがイーブンペースで走れたり、低いレベルながらも上達している気分が味わえて、まだまだ楽しい。

走り方の自分なりのコツも、少しだけながらつかめてきたような気がしてきている。それまではランニングの雑誌などで「骨盤で走る」「おへそを股と思って足を出す」と言われても、自分には概念的すぎてピンと来ていなかった。

フルマラソンは未知の世界。長い距離を走るのだから、とにかくなるだけ動きの小さい走りが省エネなんだろう、とだけ思いながら走っていた。ところがこれでは、ペースを最初から随分落としているにもかかわらず、後半になると必ずシンドくなった。

思うように足が出ず、走りにも飽きてきて、気晴らしにと電車ごっこのようにシュッポシュッポと手を動かしながら走っていた。あるいはコミカルに、両肩を極端に回しながら走ってみた。

するとなぜか、案外楽かも、だった。

肩につられて、左右の腰骨が回る感じ。両腰にカムというか自転車のペダルというかそんなものが付いていて、腰骨が揺動しながら回っているイメージだった。

次の走る機会に、腰の動きを少しオーバーにしてみた。動きが大きくなって疲れないかと心配していたが、スピードが乗るし、むしろばてること無く、いつもより速いペースを長く維持することができた。

上の「骨盤」や「おへそ」は、もしかしたらこのようなことを説明していたのかもしれない。

しばらくは、距離を変えたり、スピードを上げ下げしてみながら、この動きのちょうどいい頃合いを探ってみようと考えている次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/27

京都マラソン2012当選!

来年3月に開催される第1回京都マラソン、ダメ元で応募していたら、運良く当選通知が来た。嬉しい。

指の怪我から、今度は肩が痛くなり、思うように野球が出来ない。走るくらいならできるだろう、そのモチベーションのひとつになればと申し込みをしていた。1万5千人定員のところ、約5万人の応募があったそうで、事務局の想定を超えていたのか、当初10月末に結果発表としていたのが、ひと月遅れるという通知を受け取っていた。そして今回の結果発表。

フルマラソンは初体験になる。とにかく制限時間内に完走するのが目標。しんどいだろうけど、3月までいい楽しみができた。楽しもう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/20

ホークス日本一!

やったぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧