あいこであめりかよーろっぱ

2012/04/12

オランダ到着

3月は忙しかったな。

第1週にオランダへ家探しに行ったのから始まって、東京で1週間研修、家族旅行でプーケット島へ5日間、お墓参りのために帰省。

その合間にフルマラソンを走り、不動産屋と交渉して、訳のわからない必要だと言われる書類をたくさん書いて、息子は高校受験が終わって、入学する学校が決まった。

気持ちが急いて、家族旅行に時間を割くなんて気分ではなかったんだけど、息子が中学を卒業したら行こうと決めていたので、結局行く「羽目に」(笑)。でも行って良かった。すごくいい気分転換になったし、赴任前に家族と十分な時間を過ごすことができた。タイはなかなかいい所だな。

そして今オランダに到着したところ。明日役場へ出掛けて、労働許可、居住許可の手続き、銀行口座の開設など。当面乗るレンタカーも借りなくては。

その翌日は、午前中に不動産屋から鍵をもらって入居、昼から出勤。週末に家の中をチェックして生活立ち上げだ。といっても、先週末に出した引越し荷物はまだ届いていないので、あと1週間くらいは、持ってきたキャリーバッグの荷物で過ごさなくてはならない。

何とか生活が落ち着くのは、月末くらいかな。そこでホッコリなってしまって、いわゆる五月病みたいにならないように気をつけよう。やらないといけないこと、覚えないといけないことは山ほどあるけれど、少しずつ、少しずつ。身体あっての仕事であり生活だ。

違いを楽しんで、コスモポリタンになろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/02/26

京都マラソンまで2週間

再来週の日曜日はもう、京都マラソンなんだなぁ。

と、東京マラソンの中継を見て思い出した(笑)。風邪のために結局3週間、練習ができなかった。ようやく再開したところ。

懸念が更に2つ。ひとつは走ると右の膝の下側が痛くなること。大腿部の筋肉不足と運動前のストレッチが足りていないかららしい。

もうひとつは、ふくらはぎの下なのかアキレス腱の上なのかが、走っている途中でピキッと痛くなり、リタイアする練習が何回か続いたこと。直前まで気配もないのに突然痛くなる感じ。色々試してみて、ゆっくり走る分においては、痛まないことが分かった。

それよりも何よりも、4月から転勤という意識が常にどこかにあり、走ることに思いが向きにくいという状況がきっとあるに違いない。先週金曜日は休みを取って、健康診断と予防接種、国際運転免許取得をしてきた。あさってからは、1週間ヨーロッパに出張。

その意味では、風邪でのブランクはある程度いい休養になったのかもしれない。無理の無いように、うまく体調と日程をやりくりしていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/19

ヨーロッパに海外赴任

......という内示を受けた。ありがたいお話。20年来の希望がようやく叶ったようで、ホッとしたというのが、今の正直な気持ち。

4月からはオランダを拠点にして、これまで同様、ヨーロッパ全体と、ロシア、トルコ、中東をカバーするとのこと。ミッションは多少変わるけれど、扱う製品とエリアは今と変わらないので、その点はやりやすい。

こちらではずっと書いてきたように、機会があれば是非、海外で力を試してみたいと思ってやってきた。ここ10年くらいは、出張ベースで年間100日くらいは現地と行ったり来たりしていたものの、現地に「住んだ」経験は無い。これからは更により深く、現地と関われるようになるに違いない。

海外への関心は、会社に入った頃から持っていた。海外に工場があり、先輩方が行かれていたので、いつか自分も、と思っていた。ただその時分は、志はあるものの、力はまだ及んでおらず、一般の若者が持つような、そういったものへのあこがれの気持ちが多少混じっていたように思う。少年野球の選手がプロ野球に憧れるのに似たような。

具体的に海外を意識するようになったのは、95年から約3年間、シリコンバレーの企業と仕事をしてからだと思う。なんと言うのか、彼らの仕事に対する「活気」のようなものを感じたこと、それから自分が設計したものを、自分で持ち込み、自分の言葉でその魅力を説明して、そのフィードバックをダイレクトにもらえる。そして必要あらばすぐに設計に反映できる、そんな「ダイナミズム」。

このときには、まだまだ端くれではあるけれど十分にやっていける、上の例で言えば、プロ野球選手の一員としてやっていけるという自信がついていた。よし、これからは真剣にこの路線で頑張ってみようと思っていた。

そんな思いとは裏腹に、以降は、突然別の部署に移動になったり、なかなか海外関連の仕事につけなかったりして、苦しんだ時期があったけれど、ずっと希望は出し続けていた。30歳前後だった若者が、今は40代半ばのオジさん(笑)になって、時間が掛かったなぁという思いはあるものの、ようやく現実になった。「嬉しいっ」でもなく、「大変だぁ」でもなく、「ホッとした」というのはそういう気持ち。

出発前までに何をしないといけないのか、まだあまりピンと来ていない。しばらくはバタバタするんだろうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/02/10

風邪引いてました

2週間出張していて、途中からひどい風邪を引いてしまった。

流行しているインフルエンザではないみたい。熱がそんなにあるわけではなく、お腹が痛いわけでもない。そんなに咳が出るわけでもない。ただひたすら寒気がして、喉が痛かった。パソコンの画面を眺めていると、眉間の辺りがモヤモヤとしてきて、すぐに見ていられなくなる。

出張先のオランダはたしかに寒かった。昼間-6℃、夜中-13℃なんて日が続いた。でも寒いと寒気がするはまた違う。荷物をコロコロ引いている手が、ガタガタと、鳥が羽ばたくように大きくシェイクする姿は、きっと奇異に映っていただろう。

仕事場にいる以外はほとんどベッドの上だった。時差があったものの、16時間なんて眠れるものなんだなぁ。

持っていた非常用の風邪薬は底をつき、同僚のイスラエル人から分けてもらった。派手な緑色の錠剤でむしろ身体に悪そうだ(笑)。これは昼用で、眠気の多い夜用はオレンジ色だった。なるほど、分かりやすい。錠剤の裏には薬の種類がヘブライ語で書いてある。信じるしかないな(笑)。

もう1人のイスラエル人に「今体調悪くて薬飲んでるんだよねぇ」と言ってその薬を見せると、「風邪引いているの?」と聞いてきたので、きっと風邪薬に違いない(笑)。いえ、決して疑っていたわけではありません(笑)。

そのおかげで、なんとか持ちこたえることができた。

この2週間、全く走ることができなかったな。今が一番走り込んでいないといけない時期なのに。走ろうと思って持ってきていたスパッツや上着は、ズボンやシャツの下に着込んで防寒着として機能したので、持ってきていて無駄にはならなかった。

本番の京都マラソンまで、あとひと月。本当に走れるようになるのか全く自信がなくなってきたな。くれぐれも無理のないように、身体と相談しながらやっていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/30

ホフブロイハウス

P1040159

ミュンヘンに来るのは仕事では初めてで、プライベートでは20年以上前にたしか来ている。

「たしか」とは、特に思い入れがあったわけではないけれど、新婚旅行のツアーに組み込まれていたから、来たことがあるという意味。

ツアーバスでBMW博物館の前を素通りして、夜はホフブロイハウスというビアホールでビールを飲んだという記憶しかない。

だだっ広いビアホールに、長机がたくさん並べられていて、みんなワイワイ言いながら1リットルのジョッキでビールをガブガブ飲んでいた。そして奥にあるトイレに行くと、男性用のいわゆるアサガオの位置が高いなぁと。外人さんたちってすごいなぁっていう印象(笑)。

今ではほとんどこんな、いかにも観光客が行くような施設には行かない。だけど今回ミュンヘンを訪れて、もう一回見てみたいなと思った。恐るべし観光施設。一番歴史のあるビアホールだからではなく、単に昔来たことがあるというだけでリピーターを獲得できている(笑)。

それに、それなりに年齢を重ねたおっさんが、独りでふらっとビアホールに立ち寄って、ほろ酔いになる程度に飲んで、さっさと立ち去るのも悪くはない。

P1040167

中に入ると既にスゴい人の数。席が見つからず、若いイギリス人カップルと相席させてもらう。お店の人もいちいち席まで案内するようなことはせず、お客が自分で席を探す。相席は普通。忙しい時間帯は、席担当のウェイターがオーダーを取りにくるまで、しばらく待たなければならない。

トイレに行ってみた。当時のおぼろげな記憶の方向に確かにトイレがあった!覚えているものだなぁ。その他、店の外観などにはまったく覚えがなかったのに。

果たして便器の位置は……、あれっ、なーんだ、そんなに高く感じない。日本のものよりたしかに高いけど、こちらでは普通。当時は一つの基準しか持たなくて、それ以外は変なもの、だったんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/23

ミュンヘンのアップルストア

P1040164

たまたま通りかかったミュンヘンのアップルストアの正面入口に、スティーブのモザイク画が貼られているところだった。

P1040166

近くで見ると、それぞれは、ファンから寄せられたスティーブへの追悼コメントの付箋だった。

P1040165

世界中のアップルストアで、同じような催しが行われているんだろうなぁ。

そういえば、出張中、ホテルに独りでいる時間は、スティーブの生前のビデオばかり見ている。ビデオはこれまで随分研究したし、真似もしたなぁ。

初代iPhoneの発表では、画面を指先で上下にスクロールしただけで、会場から大歓声が起こっている。今ではすっかり当たり前の光景なのに、これはまだほんの数年前の出来事だ。

またその1年後、初代iPhoneは発売から200日で、400万台売り上げたとスティーブが自信たっぷりに説明している。今やiPhone4Sは、発売3日間だけで400万台だ。大きなビジネスに育てたものだ。

その頃と比べると、近年のビデオでは、すっかり痩せており、声にも張りが無くなっている。プレゼンをシェアする同社上級副社長のスコットの方がむしろ、話に勢いがあって往年のスティーブを彷彿させている。

それでも毎回アップルキーノートは楽しみにしていた。もうこれ以上スティーブを見ることができないんだなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/16

ドバイ、再びドイツ

ドバイから帰ってきた。

ドバイへは2年振りだった。昨年も訪問予定だったものの、アイスランドで噴火した火山灰の影響で飛行機が飛ばす、直前で断念した。

2年前にはどちらも工事中だったドバイ・メトロ(モノレール)とブルジ・ハリファ(世界一高いビル)が今は完成していて、また街の様子が変わっていた。当時は昼夜区別なく、真夜中でも明かりを照らしてガンガン工事を進めていたことを思い出す。

今は夕方になると、そのビルの下でラスベガス張りの噴水ショーを見ることが出来る。もちろん無料。一瞬砂漠のど真ん中にいることを忘れてしまう。でも昼間の展示会の設営はホントに暑くてマイッタ。

ドバイ・ショックの後遺症を懸念していたけれど、順調に回復してきており、好調なサウジやカタール、クエートなどを含めると中東全体ではうまく経済は回っているというのが、現地での大方の見方。

EU経済圏であったはずのギリシャの凋落ぶりと比較して、今から思えば、ドバイの方が自律作用の働く力が残っていて、まだ安定していたんだな。

帰ってきてすぐ再びドイツへ。先月実施したデモが好評だったらしい。予選通過で決勝ラウンド進出といったところか。前回のデュッセルドルフから所を変えて、今回はミュンヘン近郊のインゴルシュタットという所。初めて行く土地だ。うまく行きますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/10/06

スティーブ・ジョブズ氏逝去

早い、早すぎるよ。休職・CEO辞任から、いずれはと覚悟していたこととはいえ、こんなに早くとは……。

彼に魅かれた部分は、オバマ大統領の哀悼コメントの一節に表れていた。

……スティーブは、「人と違う考え方をする勇気があり、世界を変えられると信じる大胆さを持ち、それをやってのける才能」があった。

(Steve was among the greatest of American innovators - brave enough to think differently, bold enough to believe he could change the world, and talented enough to do it)

それにボクの中では「一旦ダメになりかけたけど、そこから再生できた人」でもある。

間違いなく彼は、ボクの中の最大のヒーローの一人でした。

言葉が出ないなぁ。

傷心を引きずりながら、これから仕事でドバイに旅立ちます。

こんなことになるとは知らず、先週、スティーブが着てる風の、黒いモックネックセーターを買ったところだった。哀悼の意を込めて、今日はこれ着て行こう。

合掌。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/25

ドイツ

久しぶりの出張。ドイツに来ている。

最後の出張が2月だから、半年以上振りだ。最近5年以上を振り返っても、こんなに間が空いたのは記憶がない。昨年は出張の多くが、過去の製品の品質不具合の火消しに飛び回っていた感じがあるので、それがようやく収束してきたということ。新たな気持ちで取り組むことが出来る。

今回は新規商談で、前向きな仕事。しかも割と大型のものだからやりがいがある。張り切って気合いをいれすぎる感じではなく、仕事師のような感じで対処できればいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/09

ようやく帰ってきた……。

お正月休みが明けてすぐ、カナダ、アメリカ、メキシコと移動して、一旦帰国したけどほぼタッチアンドゴーで、オランダへ。時差の基準が分からなくなって、この期間中、なんだかずっと眠気との戦いだった気がする。

次の出張予定はまだ無いから、しばらくは溜まってる業務や家の中のことを片付けることができそうだ。

まだお正月が明けて間もない感覚が残っていたのに、プロ野球はもうキャンプイン。草野球もそろそろ始まるなぁ。まだ身体を十分に動かせていないなぁ。というより、オフシーズンほとんど身体動かせていないじゃないかっ!

2月いっぱいじっくり使って、今年も一年スポーツを楽しめる身体にしていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧