« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012/01/22

皇居ラン

久しぶりに東京に出張だった。

頭に浮かんだのは、東京出張=皇居の周りを走れるな、だった(笑)。これでは、地方出張というと必ず釣り場を想像してしまう釣りバカの浜チャンではないか。しかも単に、東京のランナーのメッカである皇居周辺を一度走ってみたいな、というミーハーな発想だ。

それでも仕事が終わると、飲み会の誘いもそこそこに、地下鉄に乗って麹町へ。ここにランステという更衣室・ロッカー・シャワーを有料で使える施設がある。ビジターは1回700円。

たまたまこの施設を選んだけど、皇居周辺にはたくさんのシャワー施設があるみたい。例えば以下などで一覧を見られる。

【皇居ランナーズ+】ランニングステーション

同じサイトでコースも紹介してあり、写真付きで非常に分かりやすかった。
【皇居ランナーズ+】コース

たくさんの色々なタイプの人が走っていて、心強かったな。仕事終わりに走ることが全然特別なことではない感じ。早く走る人も時々いるけど、ゆっくり走っている人も多く、自分のペースで走って全く問題ない。

ロッカーで着替えていると、いかにも仕事一筋で、スポーツにはあまり興味なさそうなサラリーマン風のオジサンが、淡々と着替えてサッと走りに出て行く。これだよー。走ることは特別な人たちのものではなくて、また走る方も、「走ってるぞ、どうだ!」ではなくて、「走りたいので走っています」的なかっこよさがある。

いつも走っている近所の池の周りは、週末、高校の陸上部風の子たちが自主練で走ることはあるけど、基本的には独りで走っている。ときどき年配の方たちがウォーキングしている程度。

いつもと気分が変わって、皇居ランでは力をもらったな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/01/07

自転車で京都マラソンコースを下見

本年もよろしくお願いいたします。

お正月休みに、京都マラソンのコースを自転車で下見してきました。

自転車でサッと軽く見てみよう、なーんて思って出発したのに、自転車でも結構しんどかった。おまけに途中で雪まで降り出した。平安神宮にゴールした後、降りしきる雪に打たれながら帰る15kmの道のりが厳しすぎて、コースの記憶が遠い日の出来事のように薄れてしまったという、いったい何のための下見だったのか……(笑)。

コースの模様は以下で見ることできる。
NIPPONを走ろう

同じように自転車で試走した方もいる。
京都マラソン・コース自転車で試走 - Togetter

京都マラソンのコースの特徴は、アップダウンが激しいこと。ほとんど平坦な大阪マラソンや神戸マラソンがうらやましい。

走ってみて、特に上りのきつい所は以下だった。
10キロ地点前後:広沢池から立命館大学前までの4キロ程度(起伏の激しい山道)
23キロ地点前:宝ヶ池通りの高架からトンネルまでの1キロ弱(短い距離の間に60mくらい駆け上がる)
38キロ地点前:今出川通りを百万遍から白川通りに向かう約1キロ(だらだらした坂道だが、残りもうちょっとと油断すると苦労する。)

最後の上り坂を過ぎると、ゴールまでの残り3キロ半はずっと下りなので、気力でなんとか行けるのではないかな。

高低差の詳細は以下で確認できる。
京都マラソン2012コース/高低差図

車は通れるけど、自転車や人間が試走できないコースが2カ所ある。気をつけよう。
1. 7キロ地点にある清滝道の高架車道約1キロ(高架の始まる清滝道三条交差点の30mくらい手前に、車の入れない小川沿いの小道がある。高架と平行しているのでここを通ろう。)

2. 上に書いた宝ヶ池通りの高架車道(歩行者・自転車用の測道(旧道)がある。そこを通ろう。)

あわよくば、それなりのタイムも狙ってみたい、なんてほのかに夢想していたけど、無理無理。初心者の初マラソンに「あわよくば」は無いのです。改めて「完走」が目標と再認識できたことが収穫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »