« クウェート | トップページ | おめでとうございます »

2010/12/26

クウェートでの禁酒

クウェートの後、トルコのアンカラにも回ったりして旅程が大幅に延びてしまい、ようやく帰還しました。

ひと月も家を離れると、やらなくちゃならないことが積み残ってて、師走ということを差し引いたとしても、何だかバタバタだぁ。

結局クウェートでは、もどきも含めて、アルコール類に触れることはなかった。もどきとはノンアルコールビールなどのこと。

前回訪問時は、仕事上がりのビールの喉越しがどうしても欲しくなり、夕飯時にノンアルコールビールを飲んでみた。渇望感が強過ぎたせいか、これがあまりにも不味く思え「こんなのビールじゃねぇ!もう飲まない」と(笑)。これが理由の第一点。

もう一つは、クウェートでも、アメリカンな雰囲気のちょっとしたレストランだと、一角にカウンターバーのコーナーがしつらえてあったりする。棚にはウィスキーやワインのボトルが並べてあり、でも聞くと全てノンアルコールなのだそうだ。

それ風ではあるんだけど、しょせん真似ごとであり、悪く言えばその時「おままごとごっこみたいだなぁ」と思えてしまった。

ならもう少しホンモノを満喫しようと。国を出さえすれば、さして高いハードルではないし、きっと居住者はアルコールが無くてもうまく順応して生活しているのだろう。「ごっこ」を利用するのは主に外国人に違いない。

お酒が無いと風景が違って見えて面白いな。居酒屋なんてないので、もちろん酔って管をまいているサラリーマンはいない。その代わりコーヒーショップが幅を利かせている。夜遅くでも店の前の舗道にテーブルを並べ、おしゃべりを楽しんでいる。

夕食の時間帯に、大量の車がレストランの駐車場に停まっている。でも基本的に飲酒運転は無い。これは素晴らしいことだな。

|

« クウェート | トップページ | おめでとうございます »

コメント

お酒のない環境かぁ…。
目の前にあって飲めないのと違ってないのなら適応できるようになるのかな><

投稿: のり | 2010/12/28 16:12

マリコさん、こんにちはー。

そうなんです、無いんだと諦めがつけば、案外お酒無しでも平気でした。

とはいえ今は、お正月のお酒を楽しみにしながら、年末のバタバタを乗り切ろうと考えています(笑)。

少し早いですが、今年も一年ありがとうございました。何とか健康に過ごすことができました。マリコさんもお体に気をつけながら、よいお年をお迎えください。

投稿: でーぶ | 2010/12/27 21:21

でーぶさん。1ヶ月の長旅お仕事本当にお疲れ様でした。なんでもあり放題の日本。郷に入れば郷に従えで、アルコールを常習する習慣がなければ、禁に苦しむこともないわけで。どちらが幸せかと考えてしまいました。
今年もいろいろなお国の様子ありがとうございました。いままでで何カ国まわられたでしょう。来年も楽しみにしております。

投稿: マリコ | 2010/12/26 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742/50401452

この記事へのトラックバック一覧です: クウェートでの禁酒:

« クウェート | トップページ | おめでとうございます »