« 嘉門達夫 | トップページ | 自転車でこける »

2010/08/24

亀山社中

100810_133404_6

久しぶりの長崎はまるで観光客気分だった。

街中どこでも「龍馬伝」一色。駅前は福山雅治のポスターだらけ。食べ物屋さんのメニューは「龍馬が愛したXX」、「龍馬も食べたXX」。博物館はどこも龍馬関連グッズの展示。いいことだ、いいことだ!明らかな便乗商売なんだけど、これくらいやって地元の経済を活性化させてください。

地元出身とはいえ、ほとんど何も知らないことに愕然とする。今回生まれて初めて、亀山社中記念館風頭公園の龍馬像を見にいった。こんなところにあったのねー。どちらも平成になって整備されたもので、長崎に住んでいた頃はそこまでメジャーではなかったような。一緒に行ったうちの父親も初めてだった。

100810_120837

まず、結構な坂の上にある亀山社中に上る前に、料亭 一力で昼ご飯。龍馬が現れたら出したいという創作料理。卓袱料理をベースにして、若い人をターゲットにメニューを考えたと、お店の人。かなりの高級料亭で、政治家や要人の接待に用いるようなところなので、我々が気軽に訪れるようなお店ではなかったのだろうけれど、昨今の不景気でお昼のメニューを提供しなくてはいけなくなったのかなぁと、つい想像してしまう。

100810_131102_3

その後、龍馬通りと名づけられた坂道を登って亀山社中へ。この坂道は典型的な長崎のお墓参りの坂だ。きつい斜面の両側に、張り付くように墓地が並んでいる。うちのお墓もこんな感じ。長崎のお盆には、墓地で爆竹やロケット花火を派手に飛ばして、故人の御霊を供養する。ひとつも厳かでなくて、他の地域の方には供養しているようには見えないらしいけど。

100810_134054

ようやく亀山社中到着。入場者が入り口を前に列を作っている。狭いところなので10人ずつ区切って入場させている。1時間近く待ったかな。中は本当に狭い。後に増築しているので当時は実質三間(と屋根裏部屋)程度か。むさ苦しかっただろうなぁ。龍馬はよく、写真の柱にもたれかかって座っていたらしい。

手前の楽器は月琴。お龍さんが長崎に滞在した8カ月の間に、小曽根家で習った。長崎のお龍さん像は必ずと言っていいほど月琴を抱えている。

100810_140052

亀山社中の周りには、歩いて回れる距離に、龍馬のぶーつ像や、龍馬も参ったと言われる若宮稲荷神社、そして風頭公園の龍馬像もすぐ近く。立派な観光スポットだ。歴史に埋もれていた亀山社中跡をここまでにするには、地元の有志の方々の並々ならぬ尽力があったらしい。

100810_144641

最後に、風頭公園の龍馬像をパチリ。この写真は今、携帯の待受けにしている。帰りは、別の坂道を下って帰る。近藤長次郎さんのお墓も近くにあるはずだけど、かなり歩きつかれたのでスルー。「すまぬ、長次郎〜」。実際の長次郎さんは、かなり小柄な方だったらしい。残っている写真では、椅子に座っている踵が床に着いていないし、差している刀がかなり長尺に見えることから分かる。

100813_132222

その後も日を改めて、長崎奉行所龍馬伝館長崎まちなか龍馬館など、龍馬三昧。(写真は長崎奉行所龍馬伝館の龍馬と岩崎弥太郎の像。)ねっ、すっかり観光客でしょう?

龍馬が脱藩してから亡くなるまで、たった5年の出来事だったとは改めて驚き。龍馬と言えば高知のもののように思えていたけど、いやいや、龍馬を龍馬たらしめた舞台は、長崎の風土なのですよ。

そして、自分へのお土産に、龍馬のロゴの入ったパンツを買いました。笑ってください。いいんです。龍馬との間に長崎という接点があるということに、すっかり満足なのです。

|

« 嘉門達夫 | トップページ | 自転車でこける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742/49242838

この記事へのトラックバック一覧です: 亀山社中:

« 嘉門達夫 | トップページ | 自転車でこける »