« 同行者が新型インフルに感染 | トップページ | ロジャーズ・センター(旧スカイドーム) »

2009/07/03

即席サンフランシスコ観光

ボクは欧州便を中心にかなり飛行機には乗っている方だけれども、オーバーブッキングはそんなに経験はない。カナダの人に言わせてもアメリカの航空会社のは特にひどいそうだ。

稼働率を上げるために、キャンセルを見込んで多い目に仕込み、「たまたま」あふれた場合は都度対応しようということなのだろう。八百屋さんが野菜を何個仕入れておくかというサプライチェーンと基本的には同じ考え方だ。多く仕入れすぎると売れなかったら廃棄しないといけないし、少なすぎると欠品してしまう。アメリカの航空会社の場合は、想定する欠品率(品切れを起こす割合)の設定が大きすぎるのだ。

欠品率を低くして、いつも数%の空席を抱えて飛ぶよりも効率的という割り切りなのだろうけど、なんだか物扱いされているようにも感じる。サンフランから現地直行だったものが、シカゴ経由に振り返られ、そのどちらの便でも同じようにオーバーブッキングが発生していた。

よそのオーバーブッキング客が流れてきて玉突き現象が起こっている。怒っているお客への対応と、別便への振り替え作業で職員がてんてこ舞いしていた。シカゴ発便には出発時、46人もウェイティングリストに残っていた。

サンフランの空港での振り替え便は夜中の12時半。午前中に到着していて14時間近く空港で時間を潰すのは地獄だ。2人いた他の同行者はどちらもサンフランは初めてで、即席観光に連れて行くことにした。一応ガイド資格保有者だ(厳密には日本でのみ有効だけど)。

頼りは1996年に訪れた記憶のみ。ガイドブックも何にもなく、とりあえずダウンタウンへ。路線バスで約30分。一人4.5ドル。大体この辺かなというところで降りてしばらく散策。坂道を走る路面電車に乗り、よく写真に出る有名な曲がりくねった坂道(名前失念)を見、フィッシャーマンズ・ウォーフへ行き、ゴールデンゲートブリッジとアルカトラズ島を眺めながら、小えびのフライをほおばる。

フィッシャーマンズ・ウォーフには左利き用のグッズが売ってある店があったのを覚えていて、それが今でもあったのが個人的には嬉しかった。「Lefty’s」というお店で、左利き用のはさみなどが売っている。そこから派生してパロディ品も置いてあって見ていて楽しい。左方向に回る時計や、取っ手を右手で持つと吸い口のところに穴が開いていてうまく飲めないマグカップなど。もっともボクは右利きだけどカップはいつも左で持つけどね。

行き当たりばったりにしては一通りのポイントが網羅できて、満足してもらえたのではないだろうか。新米ガイドとしては十分に及第点(自己採点だけど)。

|

« 同行者が新型インフルに感染 | トップページ | ロジャーズ・センター(旧スカイドーム) »

コメント

でーぶさんこんにちは。これを読んで昔の事(6,7年前)を思い出したので書きます。高3の息子が受験も終わったので、知人のアメリカアイオワに旅行した時のことです。帰国する日と時刻を連絡受けていたのにいつまでたっても帰ってきません。心配になり、ホームステイ先に連絡しましたが、ちゃんと飛行機にのったとのこと、そうなると、いろいろ想像し、誘拐にあったのではとか、悪い想像ばかりしてしまいます。ホストファミリーも随分心配してくださったのですが、次の日平気な顔をして帰ってきました。一緒に乗り合わせた中に旅なれた日本の青年に、乗り換え空港で好意で席を譲ると航空会社が最寄のホテルを1泊用意してもらえるから、1日違う場所を楽しめていいと聞き、思わず行動に移したそうです。それならどうして連絡してこないかというと、お金がぎりぎりで無駄に使いたくなかったという返事でした。もう開いた口がふさがりません。成田に迎えにいってなかったのがせめてもの幸いでした。今では、笑い話ですが。でーぶさんのお仲間たちは、優秀なツアーコーディネーターの案内つきですごくお得でしたね。うらやましい限りです。

投稿: マリコおかあさん。 | 2009/07/07 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742/45522832

この記事へのトラックバック一覧です: 即席サンフランシスコ観光:

« 同行者が新型インフルに感染 | トップページ | ロジャーズ・センター(旧スカイドーム) »