« 息子が制服で登校していた | トップページ | Oakley Rader Path Slate Iridium (オークリー・レーダー・パス・スレートイリジウム) »

2009/05/03

豚インフルエンザ

関空から帰ってきた。ドバイの後にまた、クウェートに行くことになった。先月納めた物件と同様のものが現地でうまく納められなかったようだ。何とかトラブルを収拾し帰国できることになった。豚インフルの警戒態勢がレベル5に上げられて、ものものしいことになっているだろうなと想像していたとの比べると、関空では割と落着いたものだったように感じる。

機内で3枚の健康に関する質問表を書かされて、空港の検疫では熱があるか、気分が悪くないかと尋ねられたけど、いわばそれだけ。会社では出張者は帰国後10日間は出社禁止にしようという噂が流れていた(噂に終わった)のを考えると、意外とあっさりしていた。

機内で隣に座っていた日本人の質問表を見ると、ケニア帰りと書いていた。確かに往きもアフリカへ行くのにドバイ経由で行く団体客が多かったような気がする。しかもケニアは今回の豚インフルには全く関係がないのに、何となく気になってしまうのは集団心理というものだろう。落着いて行動しましょうというのはこういうことを指しているに違いない。

本人はいたって健康で発熱等なく元気。しかしどう感染しているかは目に見えない敵なだけに油断できない。ウクライナではチェルノブイリ博物館を見学したけど、長崎の原爆資料館などででは、爆風でひん曲がった建物や火傷を負った人々が何も言わなくてもそれだけで悲惨さを訴ったえるものだけれども、キエフにあるチェルノブイリ博物館の場合は、本体の発電所が火事になった以外、目に見えない恐怖の本質的な悲惨さの言及に失敗しているように見えた。今回のインフルエンザ報道もそれに似ている。

発症には10日ほどを要するという。大丈夫と思いながらも、それまで(来週いっぱい)は何となく落着かない。

ちなみに豚インフルエンザというのは英語では"swine flu"と呼称されていた。swineという単語はあまりなじみがなく、「この豚野郎!」とかいうときの特殊な単語とおもっていたけれども、割と一般的な言葉だったんだな。

|

« 息子が制服で登校していた | トップページ | Oakley Rader Path Slate Iridium (オークリー・レーダー・パス・スレートイリジウム) »

コメント

ゆうこさん、こんにちはー。

新型インフルは沈静化するといいですねー。

それよりiPhone!ついに買ったのですね。うらやましい。考えすぎて買うタイミングを逸してしまっています(汗)。今端末0円まで下がっているというのに…。まだ気持ちは萎えていないので、来月にでももう一度考えてみることにします!

投稿: でーぶ | 2009/05/05 17:41

ご出張、お疲れ様でした。
無事のご帰国で何よりです(^^)

新型インフルエンザは、実体がまだハッキリしないだけに漠然とした恐怖だけが先走っていて、その割には我が家での食料備蓄は遅々として進んでいなかったりもします。

本当に怖いのは、今年の秋以降でしょうか。
それまでに有効なワクチンの製造が間に合えば良いのですが・・・。


(P.S.)携帯をiPhoneに変えました!毎日使い倒してます。

投稿: ゆうこ | 2009/05/04 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742/44877591

この記事へのトラックバック一覧です: 豚インフルエンザ:

« 息子が制服で登校していた | トップページ | Oakley Rader Path Slate Iridium (オークリー・レーダー・パス・スレートイリジウム) »