« 暑い! | トップページ | カッパドキア2 »

2008/08/17

カッパドキア

Img_0516 直前のバタバタと現地でのネット環境が悪くてなかなかこちらへ向かえなかった。トルコ・イスタンブールへ行っていた。イスタンブールだけでも見所がたくさんあるので、1日フリーな時間があると、これまでだとボスポラズ海峡やブルーモスクなどで過ごしていたんだけど、今回は少し足を伸ばして、カッパドキアへ日帰りしてきた。これは素晴らしかった。

よくある観光地では、目玉はそれだけしかなくて、それ以外は全く何もないか、お土産屋さんだらけでむしろ興ざめだったりするところもある。でもここは別。見渡す限りどこを切り取っても広大な絶景が広がっている。よく写真で見る奇岩はほんのその一部で、その他にも、「十分すごいんじゃないの?」という名も無きキノコ岩たちがあちこちにゴロゴロしている。

P1040211 行ってみようと前日に決めたので、そこから往復の飛行機を予約して、後は何でも現地に行ってからだった。イスタンブールからカイセリ(Kayseri)空港まで飛び、そこからがなかなか不便。空港から市内のオトガル(バスターミナル)までタクシーで行き(約15分)、そこからカッパドキアまでバスで約1時間掛かる。朝11時にカッパドキアのユルギュップという街に着き、夕方5時半のバスでまた帰らなければならない。約6時間の滞在時間。ユルギュップのオトガルにいたタクシーと話をして1日チャーターすることにした。

最初は、観光スポットごとに降りて、また別のタクシーを拾えばいいかなとも考えていたけど、チャーターしてよかった。タクシーなんて都合よく色んな所に待っていない。そんなことしてたら限られた時間の大半をタクシー待ちで過ごすところだった。見ているとツアーの観光バスで回っている人たちがほとんど。タクシーの運転手にとってみれば、パノラマポイントで客待ちをしていても仕事にはならないのだろう。多分中途半端な所で降りようとしても、タクシーなんて来ませんよ~なんて言われて、結局は同じタクシーに乗り続けることになるのかな?

ということでユルギュップを基点にして8カ所ぐらい観光地点を回ってきた。ガイドブックなどを見ると、カッパドキアは広大なので1日に回れるのは3つ4つが限度、と書いてあるものもある。それからすると結構頑張って見て回れた方なのかな。

それでもまだどれかを落とさねばならず、地下都市には行けなかった。カッパドキアには、キリスト教徒が迫害から逃れるため地下に掘った地下都市がいくつかある。最近でも新しいのが次々見つかっている。時間に余裕があれば行きたかったけど、自然景観にまず魅かれて来たので、人間の掘った穴蔵巡りに限られた時間を浪費したくなかった。

|

« 暑い! | トップページ | カッパドキア2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742/42193087

この記事へのトラックバック一覧です: カッパドキア:

« 暑い! | トップページ | カッパドキア2 »