« ブルーモスク | トップページ | 今週末、通訳ガイド試験 »

2008/08/25

観光客に群がる蚊のような存在

ブルーモスクの周りには、トプカピ宮殿、アヤ・ソフィア、地下宮殿、グラン・バザールなど観光の見所が集中していて、訪れるには便利なんだけど、観光客に群がる商売の人もたくさんいる。結構これがうっとうしい。

この辺りを歩いていると、現地人から日本語(しかも割と流暢な)で話しかけられることが多い。そういう人がいるということは日本人向けのマーケットがあるということだろうけど、話しかけられる時点で既に何となく気分が悪い。

話の内容は「いつから来たんですか?」「日本のどこから来たんですか」ということから始まって、断らないと15分ぐらいずっと付きまとってくる。目的は詰 まるところ「車で案内しましょうか」とか「買い物するならお店を紹介しましょうか」という類のもの。振り切ってもしばらくするとまた別のが同じ内容で話し 掛けてくる。

「ニイハオ」とか言われると速攻無視できるんだけど、「こんにちは~」と来て無視していると、「日本人はいつから挨拶しなくなったんでしょうねー、挨拶ぐらいしてもいいんじゃないでしょうかなねぇ」なんて逆ギレする輩までいるから太刀が悪い。

長崎、京都と観光地で育ったせいか、いい面と同時に、その裏側も透けて見える気がして、以前はあまり観光地へ出向くのに積極的ではなかった。自国の素晴らし い文化を発信して、各地から人が集まって素晴らしさを堪能し、また伝え広がっていく。そういったことに意義を認められるようになって以前のような頑なさが薄らいできたけど、やっぱり観光客に群がる蚊のような存在を見かけると幻滅するよなぁ。

むしり取ろうとするのではなくて、サポートできる側の人になりたいな。

|

« ブルーモスク | トップページ | 今週末、通訳ガイド試験 »

コメント

私も行きました、、、イスタンブール。

物売りとか確かにしつこいですよね(^^;)・・・
私がグラン・バザールに行った時は、
「空飛ぶじゅうたん、売ってます~」と日本語で言われ、思わず苦笑いしました。

でーぶさんは、今は古都京都のお住まい、
出身地は鎖国の中、唯一の外国の玄関口である長崎でしたね(^^)。。。

日本の文化を感じさせる地域での経験を、今後外国に紹介出来る、
「サポート」のお役目、、、期待しています☆

投稿: 林檎 | 2008/08/26 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742/42194178

この記事へのトラックバック一覧です: 観光客に群がる蚊のような存在:

« ブルーモスク | トップページ | 今週末、通訳ガイド試験 »