« これからロシアへ | トップページ | サンガ今シーズン初観戦 »

2008/03/22

ロシアから帰国しました

無事帰国しました!

どんなに寒いんだろうと戦々恐々で向かったのに、寒波は到着した前の週にあらかた終わってしまって、そんなに寒くなかった。道路は乾いていて、雪は土の部分の上や建物の日陰になっている所などに残っている程度だった。

スウェーデンでもそうだったけど、ここもいまだスパイクタイヤをはいているので、どの車もすすけていてとにかく汚い。ナンバープレートも見えないほどだ。ソ連時代の角ばった車もそうだし、富裕層の乗っているメルセデスだって同じだ。今洗ってもすぐ汚れるから、もうしばらく暖かい季節になってから洗車するのだと。

以前サンクトペテルブルグの空港に降り立ったときは、「わー、なんだか全然違うところに来ちゃったなぁ」って感じがしたけど、モスクワではあまりそうは感じなかった。多少のことには慣れてしまったせいもあるけど、サンクトペテルブルグの空港はかなり旧式らしい。近く立替えられる予定だそうだ。

Orenburg1 それでも地方にいくとまだまだのようだ。オーレンブルグ(Orenburg)というウラル山脈の手前、カザフスタン国境近くにある街を訪れた。世界地図にも載っていたのでそれなりの都市なんだろうけど、ここの空港は結構すごかった。

←バゲッジ・クレーム

タラップを降りて滑走路からバゲッジクレームまで、雪の降る中屋外をテクテクと歩く。掘っ立て小屋のような建物は、荷物がまだ機内なので入り口が開いておらず、マイナス気温の中、15分くらい外で待たなければならなかった。

中はご覧の通り。一応ベルトにはなっていて、トタン板を張り合わせただけの壁の向こうに、荷物を載せたトラックがけたたましい音を立てて到着すると、ガタガタいいながら回りだした。

最初うわぁと思ったけど、でもこれは「遅れてるぅ~」という感じはせず、むしろちょっと微笑ましかったかな。地方はまだどこもこんな雰囲気なのかもしれない。ロシアの経済が発展して、ここも今風のどこにでもあるような空港に変わっていくとしたら、少し寂しい気がするのかも。

|

« これからロシアへ | トップページ | サンガ今シーズン初観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742/40599772

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアから帰国しました:

« これからロシアへ | トップページ | サンガ今シーズン初観戦 »