« ようやく帰国 | トップページ | 京都府大会観戦 »

2007/07/30

母校が県大会決勝進出

いやー、驚いた。ボクの母校の野球部が県大会の決勝戦に進出。勝てば甲子園初出場ということで、野球部OBとしては嬉しいやら落ち着かないやらで、出張帰りで時差が抜けていなかったのもあって、前日の夜はほとんど寝付けなかった。

甲子園に出たらOBには寄付の依頼があるそうだとか、関西に住んでいるんだからちょっとしたお世話係くらいしないといけないなーなんて考えていたら、だんだん妄想が広がっていった。よーしどうせ何回もない機会だから寄付だったら5口でも10口でもやってやろうじゃないかと気持ちが大きくなってみたり、アルプススタンドでの当時の監督や先輩、同級生たちと涙の再会、いとしいあの子は…、会ったらああ言おう、こう言おうとか、かなりのディテールまで浮かんでは消え、連想が連想を生んで、頭の中で全く収拾がつかなくなってようやく、結果を待ってから考えようという心持ちに落ち着いた。

結果は、連投してきた1年生投手が早い回から相手打線に捕まり大差での敗北。今年は全国的に特待生問題で揺れて、私立の強豪校が1回戦で取りこぼす例も多いと聞いていたので、県立校にもひょっとしたら勝機が…、もしかしたら今年は最初で最後のチャンスかも…とちょっと期待したんだけど、やはりそうは甘くなかった。

嬉しかったのは、ユニフォームのデザインが、ボクたちが着ていた頃とほとんど変わっていなかったこと。懐かしいなぁ。

夢のまた夢なんて思い込んでいたものも、実はちょっと勇気を出して手を伸ばせば、もう少しの頑張りで届くところにあるものなのかもと思い始めている自分に驚いている。また頑張ったのは少年たちで、ボク自身は何も動いてないのにそれでもこんなにドキドキワクワクするなんて…。やってる本人たちには全くそんな気持ちはないと思うけど、おじさんにすごい勇気を与えてるんだぞー。少年たち、ありがとー。来年も期待してるぞ~~。

|

« ようやく帰国 | トップページ | 京都府大会観戦 »

コメント

ホントにドキドキワクワクでしたね(^^)

以前ラグビー部が初めて花園に行った時に同窓会から寄付の依頼がまわってきて、「野球部だったらするけどなぁー」と寄付しなかったので(ラグビー部よゴメン)、今年野球部が甲子園に行ったらもう10口くらい寄付しちゃう!と夫に宣言していたのでした。

ひと夏の夢は大舞台を目前に儚く消えてしまいましたが、20年以上前のあの日々に戻ったようなそんな気がして、感慨深いものがありました。
また高校生の頃に戻りたいなぁ。

投稿: ゆうこ | 2007/07/30 15:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742/15945969

この記事へのトラックバック一覧です: 母校が県大会決勝進出:

« ようやく帰国 | トップページ | 京都府大会観戦 »