« 南海の草刈正雄 | トップページ | ホークスが第2ステージで勝ち残るためには… »

2006/10/10

稲嶺誉

昨日のプレーオフは都合で生では見られず、時々携帯から経過をチェックしていた。Yahoo!ニュースでは更新が遅く、ホークスの公式サイトで確認していた。画像が多くリロードするたびパケ代が心配になったけど、まあいいか。

家に帰ってテレビで見ると、稲嶺が同点打を放ったようで、第2戦の好走塁といい、本人も今年は手ごたえがあったのではないか。昨年のプレーオフでは思ったように活躍できなかったから。

極端にバットを寝かせて構えるスタイルで、アンダースローから左打者の内角高目をつかれるといつも苦労していた。昨年のプレーオフでもロッテの渡辺俊介から同様に攻められ、注文どおりに好機にポップフライを打ち上げている。

今年は寝かせている中でも、ヘッドが落ちすぎないように修正しているように見える。

守備は抜群。試合前の練習では168cmの小さな身体でよく動き回る。見ていて惚れ惚れするようなフィールディングだ。守備固めの人になっていくのかと思いきや、打撃でも存在感を増してくるようになった。好きなタイプの選手なので、これからも活躍してほしいな。

|

« 南海の草刈正雄 | トップページ | ホークスが第2ステージで勝ち残るためには… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742/12230309

この記事へのトラックバック一覧です: 稲嶺誉:

» [福岡ソフトバンク]プレーオフ編 [プロ野球]
パリーグ・プレーオフ第2戦に大勝し、1勝1敗のタイに持ち込んだソフトバンク。勝負がかかる第3戦は先制されたものの、8回にズレータが2試合連続となる2号3ランを放ち勝ち越しに成功! 6−1で逆転勝ちし、第2ステージ進出を果たしました。11日からは札幌ドームに乗り込み、レギュラーシーズン1位の日本ハムと対戦します。 2004年、05年と2年続けてプレーオフで敗退した雪辱を果たすことができるのか!? あなたもコメント・トラックバックで福岡ソフトバンクホークスを応援しよう! ★編集部員おすすめのトラックバッ... [続きを読む]

受信: 2006/10/10 23:25

« 南海の草刈正雄 | トップページ | ホークスが第2ステージで勝ち残るためには… »