« トロンヘイム(ノルウェー) | トップページ | 永田照喜治さん »

2006/04/18

トロンヘイム2

おじさんとはたまたまバスも同じ方向だった。たまたま話しかけてきた東洋人が、思い出の地にゆかりがあったのがおじさんにとっても嬉しかったのかもしれない。やさしそうな目元で話を続けた。

野母崎の海岸はノルウェーの何とかというビーチに雰囲気が似ていて好きなのだそうだ。ノルウェーでは夏が短くてできないけれど、日本ではサーフボードを覚えたなどと懐かしそうに語ってくれた。

その後しばらく東京にも住んだそうだが、ごみごみして暮らしにくく、今でも長崎での暮らしが一番楽しかったと思えるそうだ。確かにトロンヘイムを歩いていると人が少ないように感じる。日本でも田舎に行けば人が少ない感覚は味わえるけれど、ここは大都市の繁華街なのにそれなりの人しかいない、という違いがある。でもそれは流行っていないとか寂しいというのではなく、このくらいって心地いいなっていう感じ。

普段はあまり感じなくても、人が多いだけで神経のある部分か興奮していたり、何かに身構えたりときっとストレスが掛かっているに違いない。ちなみにノルウェーの人口密度はヨーロッパで2番目に低く、1平方キロメートル当たり12人なのだそうだ。日本の336人(最高は東京の5369人、最低は北海道の68人)と比べてもいかに少ないか分かる。

街並みのひとつひとつがすごくかわいらしい感じがする。このおじさんのように全体に穏やかな感じの人が多いのも、そういった町の雰囲気が多分に影響しているんだろうな。

|

« トロンヘイム(ノルウェー) | トップページ | 永田照喜治さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742/9588939

この記事へのトラックバック一覧です: トロンヘイム2:

« トロンヘイム(ノルウェー) | トップページ | 永田照喜治さん »